*

当時はスプレータイプでなんとか防いでいた

ワキガクリームでニオイの不安を解決できたんです。もし、普段から悩みが解消できないのなら、ワキガクリームが臭いを解決してくれることを知ってほしいですね。

私がワキガだと自覚したのは高校生の時でした。
母もワキガだったので、きっと遺伝だと思います。
比較的軽めのワキガだったと思うのですが、やはりニオイに対しては神経質にならざるを得なかったと思います。
友人から誕生日のプレゼントにボディパウダーを貰った時も、あれ、ひょっとして臭ってると深読みして不安になった事もありました。

当時は制汗スプレーやスティックを使用していました。
ワキの臭い対策商品って当時はあまり種類が無かったのです。
ワキガ先輩の母はスティックタイプの方が効果があると言っていたのですが、当時はスプレータイプの使用でなんとか防いでいました。
しかし、年齢とともにワキガの臭いが強くなっていった様に感じます。
働く様になってからは、制汗スプレーとシートを併用して臭い対策していましたが、持続時間や効果に対してはあまり満足していませんでした。
とにかく臭っていなくても、朝の出勤前、昼休み、休憩時間、退社時と一日4,5回使用していました。
効果に満足はしていなくてもずっと使い続けているので、こんなもんなんだろうとあきらめもあったと思います。
ワキにはつけませんが、香水で少し誤魔化そうともしていました。
30代になると更に臭いも強くなってきて、強いワキガ臭がする様になりました。
今までの対策では限界だと思いながらも、手術する余裕も勇気はありませんでした。
そんな時ネットで見つけたのがワキガ専用クリームでした。
確かに今まで使用してきた制汗剤はワキガのための商品ではありません。
しかしこのクリームは、ワキガの人のために研究、開発された、ワキガの臭いに特化した商品です。
もうこれしか無いとすがる思いで、ランキング上位の商品の中から、殺菌力の強いワキガの原因菌を抑えると言う商品を選び、早速使用してみました。
するとどうも自分の肌には合わなかった様で、すぐに肌荒れを起こしてしまいました。
もしかしたら、収れん剤と言う毛穴にフタをして臭いを抑える成分が、肌に強すぎたのかもしれません。
母おすすめのスティックタイプを使わなかった理由に、以前使用した時に肌荒れを起こしてしまった事があったので、意外と敏感肌だったのかもしれません。
それは母にあげて、次は出来るだけ肌に刺激の少ない商品を選びました。
前回のクリームから比べると多少ベタつく感じがしましたが、気になるほどではありませんでした。
無添加、無香料の商品は敏感肌にも刺激は少ない様で、朝、昼、2回の使用で全く臭いが気にならなくなりました。
ただしクリーム剤ですので、付け直す時には必ずシートでしっかり拭いてからの使用がおすすめです。
しかし、マメにムダ毛処理をして使用すると、ちょっと肌にヒリヒリ感を感じました。
やはり敏感肌だからでしょうか。
商品の効果は気に入っているので、ムダ毛処理の回数を減らして使用してみると、問題なかったので約1年経ちますが今でも使い続けています。
ワキガのニオイを臭ってから消す事は難しいと経験上知っています。
なんとか臭わない様に対策するのは大変ですが、このワキガクリームのおかげでずっと長く抱えていた自分の臭いに対するストレスが、少し減った様に感じてもいます。ワキガクリームの働きは実際に試してみて目覚ましかった